荒井矯正歯科クリニック

子供の矯正

子供の矯正使用器具のご紹介

ツーバイフォー

2×4装置 上顎
2×4装置 下顎

ツーバイフォーは、乳歯以外の永久歯にブラケットを付ける治療で、合歯列期の歯の移動に関して最も正確で効率的な方法です。
ツーバイフォーによる治療は、歯の移動に関する限り、最も正確で速い歯の移動ができます。また、この装置では他の取り外し式の装置ではできない歯の移動も可能です。取り外し式の装置ではできない歯の移動とは、歯の根の部分も含めて動かす 「歯体移動」、「回転移動」などがあります。
多くの取り外し式の矯正装置では歯の頭の部分を押すだけなので、歯の傾きを変える 「傾斜移動」しかできません。骨の中の見えない歯の根の部分も含めて正確に歯並びを治したい方にお薦めします。

バイオネーター

バイオネーターは、「機能的矯正装置」とも呼ばれる下顎の前方成長を促進させる装置です。お口周りや舌の筋肉をコントロールして、正しい顎の成長を誘導する装置であり、主に寝ている間に装着します。将来的に非抜歯治療を実現したり、抜歯治療で前歯の傾斜をよい状態に導いたりすることが出来ます。

上顎前方牽引装置

顔の中央部が陥凹気味の子供の上顎骨の前方への成長を促進させる装置です。骨格的な下顎前突や反対咬合の改善に使用します。お口の外にはみ出る装置の為、主に家に居る時や夜寝ている間に装着します。
※自分で装着したり外したり出来ます。

拡大装置

急速拡大装置

上顎骨が下顎骨に対して小さく、幅が狭い子供の上顎の骨を広げる装置です。
(この装置以外の拡大装置は、歯の移動による歯列の拡大はできても上顎骨の拡大はできません。)

クアドヘリックス(Wタイプ拡大装置)

上顎の歯列が狭い子供に対して、 歯の側方移動によって上顎の歯列を拡大する装置です。
(原則として上顎骨自体は広がりません。例外あり)

下顎拡大床装置(可轍式)

下顎の歯列が狭い子供に対して、 歯の側方移動によって下顎の歯列を拡大する取り外しができる装置です。
(下顎骨自体は広がりません。)

フレンケルⅢ(FRⅢ)

上顎の前歯を前方に移動させて 反対咬合を改善する装置です。

リップバンパー

リップバンパーは、唇を噛んでしまう癖を除去するのに有効です。
日常的に唇を噛んでいると、下顎の前歯が内側に倒れこんでしまいます。
すると、歯列弓が狭まり、歯列不正が生じていきます。
リップバンパーを装着すると、下顎の前歯の倒れこみがなくなり、歯列弓が広がって、正常な歯列を確立していくことが可能なのです。

ブルーグラス

舌を出す癖を防ぎ、 上顎前歯の出っ歯を改善する装置です。

前歯が永久歯になったら使うべきではないソーチ

ムーシールドについて

この装置は本来乳歯の反対咬合の治療のための装置であり、前歯が永久歯に生え替わった子供の反対咬合の治療では使うべきではありません。

理由は、

  1. 反対咬合の歯の動きに関しては、
    • ①上の前歯は動かさずに、下の前歯を内側に入れる治療。
    • ②下の前歯は動かさずに上の前歯を前に移動させる治療。
    • ③上の前歯も、下の前歯も両方とも移動させる治療。
    があり、客観的診断に基づいてどれが適切かを決定しなければなりませんが、ムーシールドではそのような調節はできません。
  2. 歯の移動量に関しても診断に基づいて必要な移動量を決定し、その通りに移動させなければなりませんが、ムーシールドではそのような調節はできません。
  3. 永久歯の反対咬合は骨格レベルの治療と、単なる歯の動きの治療があり、客観的診断のに基づいて骨格的な治療が必要と判断された場合は上顎骨の成長を促進させる装置を使わなければなりませんが、ムーシールドにはそのような効果はありません。

以上の理由から荒井矯正歯科クリニックにおいては前歯が永久歯に生え替わった子供の反対咬合の治療にはムーシールドは使用しません。
ただし、乳歯の反対咬合においては例外的に 5万円 の治療費で貸与しております。

キューシックインクラインについて

この装置は最悪の矯正装置といって過言ではありません。この装置が矯正専門の歯科医師によって使用されることはありませんが、一般歯科医によって使用されることがあるので注意が必要です。上顎前突の子供に対して使う目的で作られた既製品の装置ですが、傾斜しすぎている上顎の前歯に合わせて、下顎の前歯も傾斜させてしまう装置です。

すなわち上顎前突という不正咬合を上下顎前突という別の不正咬合に変えてしまうだけの装置といえます。治療前後の写真を見比べると、治療前に離れていた上下の前歯が接触しあたかも直ったかのような解説がなされるかもしれませんが、実態は傾きすぎている上顎の前歯に向かって下顎の前歯までも傾けてしまっているだけである場合がほとんどです。この装置は不評であるため製造中止となったため使用される機会はなくなると思いますが、同様な装置が作られる可能性もあるので注意が必要です。

料金について

小児矯正とは、まだ永久歯と乳歯が混在している小学校2年〜6年生のお子様の矯正治療のことを指します。ただし、小学生でも歯の生え替わりが早く、すでに永久歯列になったお子様の場合は、大人の矯正となります。
生え替わり後の永久歯列でも矯正治療が必要となった方が、当医院で継続して治療をされる場合は大人の矯正の基本料金から、すでにお支払い頂いた 250,000円(+消費税) を差し引いた金額が必要となります。
*矯正治療は健康保険の対象外です。

小児矯正治療料金

基本料金 50,000~250,000円+消費税
調整料金 5,000円+消費税
観察料金 3,000円+消費税

その他の料金(必要な方のみとなります)

歯 永久歯 一本 5,000円+消費税
抜歯 乳歯 一本 3,000円+消費税
矯正用アンカースクリュー 一本 5,000円+消費税
歯 永久歯 一本 5,000円+消費税
  • ★ 上記の装置をいくつ使用しても追加料金はかかりません。
  • ★ 基本料金は精密検査料、診断料も含みます。
  • ★ その他の補助矯正装置もいくつ使用しても全て基本料金に含まれます。

ページトップへ戻る